緑内障と白内障の違いをまとめてみました

 

 

 

緑内障と白内障。いずれも目の病気であることはなんとなく知っている方は多いです。
 
しかし、この2つの眼の病気の違いが明確にわかるかというと、そうでもないですよね。
 
いずれも加齢によって進行する病気であり、だれでもいつか罹るかもしれないのです。
 
正しく理解すれば、ご自身の眼もご家族の眼も守ることができるかもしれません。

 

緑内障とは

 

まず、緑内障についてです。
 
 
緑内障は少しずつ視野が欠けていく、つまり見えなくなる部分が広がる病気です。

 

しかし、片目だけがなるケースが多く、反対の健康な目が見え方をフォローしてしまうので発見が遅れがちです。
 

緑内障の原因

 
緑内障の原因眼圧が高くなることにより視神経を圧迫するのが主な原因となります。
 
そして視野の中心ではない端の方が欠けていきます。
 
 
視野の1/4くらいがかけないと自覚症状が出ません。
 
末期になると、人とぶつかりやすくなったり、テレビや遠くの景色が見えなくなったりします。
 
 
視野が欠けるのが緑内障の症状ですが、見えにくくなるからといって視力が落ちてしまう事はありません。
 
 
ちょっと見えにくくなったといっても、
 

「もう年だし」とか「この頃なんだか毎日忙しくて疲れているし」
 
なんていって、緑内障かもしれないと考える人はとても少ないのでしょう。
 
 
健康診断や人間ドックを面倒くさがらずに受ける、定期的に眼科にいって詳しく眼の検査をしてもらう、これがなにより大切です。
 

 

 

白内障とは

 

白内障加齢によって誰でもかかる可能性がある眼の病気です。
 
80歳を過ぎると大変多くの方が白内障であると言われています。
 
 
その名の通り、水晶体の部分が白く濁ります。
 
水晶体のたんぱく質の性質が変わる・本来なら水分が65%あるはずなのにバランスが崩れる、このような事が起こって水晶体が濁り、擦りガラスのような状態になります。
 
 
もちろん擦りガラスから外を見ているような状態ですので、視界がクリアではありません。
 
老眼鏡を使っても新聞が読みにくい・いつも霞がかかったようにぼんやりしている・光がまぶしく感じる、このように感じ始めたら白内障が進行している可能性があります。
 
 
白内障も初期の段階で症状を自覚しにくいので、少しでも上記のような事を感じたらすぐに眼科へ行きましょう。 

 

もしもご家族やご親族のお年を召した方が見えにくそうにしていらしたら、ご一緒に受診してあげるとよいですね。
 
 
初期の段階で発見できれば、進行を抑える目薬で治療が可能です。
 
もしもかなり進行している時は手術を行ないます。
 
 
食生活が乱れていると白内障になりやすい、と言われていますので、
 
バランスの良い食事を心がけ、たんぱく質やビタミンを意識して摂って眼を大切にしていきましょう。
 
 

≪トップページに戻る≫