急性緑内障と慢性緑内障の症状や原因を調べてみました!

 

あらゆる病気において“急性”とつきます。
 
「急性白血病」「急性胃腸炎」「急性膵炎」など聞いたことがありませんか?
 
 
緑内障においても「急性緑内障」と「慢性緑内障」と2つに大きく分類されます。 

 

 
どのような人が「急性緑内障」にかかりやすいのか、また、どんな症状があるのか調べてみました。
 
あわせて「慢性緑内障」についても理解しておきたいと思います。

 

急性緑内障の特徴

 

 

 

まず、「急性緑内障」と診断された方はどのような方が多いのか調べてみました。
 
 
男性よりも女性、若い人よりも40歳以上の女性が急性緑内障になりやすいようです。
 
そして肉体的よりも精神的なストレスが溜まっていて、長いこと喘息を患っていた方も注意が必要になります。 

 

 

急性緑内障の症状

 
急性緑内障になると、激しい頭痛・目が千切れそうな痛みを皆さん訴えます。
 
いつもと違う痛みを感じたらすぐにお医者様に診てもらいましょう。
 
できれば普段から眼科に定期検診にいって、普段の状態も先生に知っていただければベストですね。
 
急性緑内障になってからは、一時的に視力が落ちます。
 
発見から治療までの時間がかかりすぎると失明するケースもみられます。
 
急性と名前がつくほどなので予防がしづらいかもしれませんが、普段からストレスを溜めないようにして、食事をきちんととるように心がけていきましょう。

 

慢性緑内障の特徴

 

慢性緑内障」は“慢性”とつくくらい緩やかに症状が進みます。
 
 
慢性緑内障の初期症状として頭が重い・目がすぐに疲れる・時々視界がぼんやりする、などとおっしゃる方もいますが、
 
一般的な眼精疲労とも近いため、慢性的な緑内障に罹っていると気付く人はとても少ないです。 

 

 
仕事やプライベートでパソコンを使い過ぎてドライアイになりがちな人は特に気付きにくいです。
 
お休みの日に睡眠や食事をしっかりとっても目の疲労感が改善されない場合は、もしかしたら緑内障のサインかもしれません。
 
 
少しずつ眼圧は上昇し、少しずつ視野も狭くなり、
 
「視野の端がかけているかもしれない」と気付く頃にはすでに緑内障の中期となっているケースが多いです。
 
 
どんな年齢層の方も、眼科で受けられる定期検診をできるだけきちんと受けるようにしていきましょう。
 
 

≪トップページに戻る≫